読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこそこですね。そこそこ

それなりになんとなくやってみます。

参議院議員選挙2016について思う事。鳥取・島根・徳島・高知はどうなるか?

勝手に思います。

今までの選挙は各県に議員さんが配置されていた。

今回の選挙から

『1票の落差』をなくすため

定数が増えたとこもあれば

減ったとこもある。

しかも2県合併なんてことも…

 

『島根・鳥取』『徳島・高知』に関してはかなり深刻

上記4県は各県2名づつ定数でしたが

合体させられさらに2名しかいないって…

どうなんでしょう。

 

『島根・鳥取』に関しては

地元島根から候補者が出ていますが

鳥取からは出ていない。

比例区で出てはいるものの

もしも島根・鳥取

『地元じゃないし…』なんて考えが出た場合

『地元の議員さんは0人』なんてこともある。

徳島・高知の方々も同じ事。

ますます地方の衰退になりそうです。

人口比率からいけばしょうがない制度かもしれませんが…

どうなる事やら。

議員さんは『地元』あってだと思います。

他県に関してもいかに『地元』を良くしてくれるか?

が投票への一歩ではないかと思っています。

 

地元が考えられる良い議員さんが当選してくれたら

ありがたいですからね。

地域活性化に関して

これじゃ~なんて思ってしまいました。

参議院の任期は6年

長いですよね。

6年もの間『地元議員0』も考えられる。

地方を良くし日本を良くするなら

もうちょっとどうにかしてほしいもんです。

 

どうでしょうね…

そう思うんは自分だけかな?

 

そこそこ考えてみたとこです。